なぜメーカーのリサーチが必要なのか?

さぁ、ここまできたら大詰めである。自分が何をパソコンに求めていて、予算はどのくらいまでというものが把握できれば後はメーカー選びである。

ただこの部分も手を抜かないことだ。

特にBTOパソコンだとサポート体制や同じスペックでの値段、デザインなどがメーカーによってかなり異なる。

また、下取りサービスはあるのか、クーポンなどは利用できるのか、ポイントサービスなどはあるのか、自分の払いたい支払方法はあるのか、送料はいくらくらいなのか、保証は何年ついているのかなどなど、メーカーによってこのような細かい部分というのは変わってくる。

メーカー独自のサービスを利用することで賢くパソコンを購入できたりするので、ただスペックだけを比較して決めるというのはちょっともったいない気がする。

また各メーカーではその時期その時期でキャンペーンも行っているのでチェックをしておいたほうがいいだろう。

自分の気にいっているメーカーや、評判のいいメーカー、ちょっと気になるメーカーなどいくつかのメーカーを絞りだし、比較するといいと思う。

このサイトでも各メーカーの特徴や比較を詳細に書いたカテゴリー【BTO可能な各メーカーの特徴を調査】があるので参照していただければ幸いである。

少しめんどうだなぁと思われるかもしれないが、ぜひ比較検証して賢い買い物をしてもらいたいと班長は思う。

では次に班長自身が失敗したなぁというか、もっとちゃんとリサーチすればより賢い買い物ができたのに・・・と思った苦い体験を書きたいと思う。

班長のリサーチ不足によるパソコン購入失敗談

まず一つ目の失敗談は不要になったパソコン買い取りサービスというものを利用しなかったことである。

当時、班長はソニーのVAIOのデスクトップパソコンを使っていた。OSはME。家電量販店で購入したパソコンである。

もうすでに5年以上使っていて、MEのサポートも終わり、調子も悪くなってきたので新しいパソコンにすることに決めた。

そこで初めてのBTOパソコンを購入するのだが(この部分は「はじめてのBTOパソコン。思ったよりも簡単に購入できた!!」に詳しく書いてあるので興味のある方はご覧いただきたい)、そのメーカーには当時、他社メーカーでも不要になったパソコンの買い取りサービスをやっていた。

見積もりを出してもらったところ2万円の値段がついた。

そこで班長は買い取ってもらおうと思ったのだが、ビビってしまった・・・。 それはハードディスク内のデーターをちゃんと消去してくれるか心配だったからだ。

今考えれば信頼できる大手メーカーだったし、正直班長のデーターが世に出たところで別にこれといって困ることもないのに・・・。これを利用すれば2万円も新しいパソコンが安く買えたのだ。

せっかく買い取りサービスがあると知ったのに利用しなかった無知によるビビりで失敗してしまった。


二つ目。これは「ソニーストアの魅力に迫る」のページでも触れたが、班長の4台目のパソコンはVAIOのノートパソコンである。

これを購入するときに班長は現金があまりなく、分割払いで購入しようと思っていた。

そして近くの家電量販店へいくと、なんと分割手数料の実質年率が2パーセントであった。これは確実に安いと思い、そこでの購入をした。

あとで人から「ソニースタイル(現在はソニーストア)なら分割手数料が実質年率1パーセントで買えるよ」と聞いた。

当時はもうすでにBTOパソコンというものも知っていたし、ソニースタイルの存在も知っていた。

なのに「分割払いで実質年率2パーセントなんだからこっちの方が安いに決まっている!!」なんて思いこんでしまい、 リサーチをおろそかにしてしまった。

今使っているVAIOのノートパソコンは実際良く働いてくれるが、これをBTOで自分の必要なものだけのVAIOにしたら、 もっと安く、それも実質年率1パーセントで買えたのに・・・と思うと自分の怠慢さが情けなくなった。

という二つが班長のリサーチ不足による失敗談である。

みなさんはこのような失敗をすることなく、賢いパソコンの購入をぜひしていただきたいと思う今日この頃である。


次はあれもこれもとブレない気持ちが大切!!



関連ページ