パソコンの利用目的を決める

パソコンの購入を考えたときにまず最初に決めといた方がいいことは、自分がパソコンをどのように使いたいのかという利用目的をはっきりと決めるということだと班長は思う。

たぶんこのサイトをご覧いただいてる方の多くはもうパソコンはお持ちで、ある程度自分の利用目的というのはわかっていらっしゃる方だと思うが、特に初めてパソコンを購入しようという方は自分がどのようなことパソコンでしたいのかがあまり分かっていない方が多い気がする。

これは班長自身も経験のあることだが、自分のパソコンの利用目的がはっきりしていないと自分にはあまりにも高スペックなパソコンを購入してしまったり、逆に本当は必要だったソフトや機能を、その場で付けとけば後から追加するより断然安かったのに、「まぁいいか」という感じで付けずに後で後悔するなんてことにもなりかねない。

なので最初は大雑把でもいいので自分のパソコンの利用目的というのを把握しておこう。

パソコンの利用目的にはどのようなものがあるのか?

さて、パソコンの利用目的といってもどのようなものがあるのかイメージが湧かないという方もいらっしゃると思う。

なのでここではパソコンの利用目的を大雑把だが挙げてみたいと思う。


  • 電子メールやインターネット閲覧。Twwitterやブログなどの情報発信。
  • ワードやエクセルなどでの資料作成。
  • デジカメで撮影した写真の加工や大量保存。動画鑑賞など。
  • 動画の編集からグラフィック編集。またゲームなどを楽しむ。
  • 3Dゲーム、3DCG編集など。
  • テレビ機能の付いたパソコン。
  • 音楽のダウンロード。
  • デザインが重要。

上記に挙げたようなことがパソコンの利用目的になる。

まぁ最後のデザインというのは利用目的とはちょっとことなるが、デザインを優先に考える方も少なくないと思ったので入れておいた。

ここから今度は細かいことを決めていくことになる。

例えばデジカメで撮影した写真の加工や大量保存にはまずHDDの容量が大きい方がいい。そしてそれをCDなどに書き込むからDVD・CDドライブが必要。ちょっと予算がかかってしまったから、CPUとメモリーはストレスなく動くくらいの性能のものにする。または、よりサクサク動いてもらいたいからCPUとメモリーもある程度上位のものを選ぶ・・・などなど。

おおまかな自分の利用目的を決めていくとある程度自分の必要なパソコンのイメージがついてくるものである。

もちろん上記に書いたパソコンの利用目的は一つだけ選ばなければならないということではなく、複数の利用目的を選び、その中から自分の本当に重要なことを優先し、パソコンにかけられる予算と相談して決めていくということも可能である。

またこの部分は「パソコンの利用目的の中で何が自分には重要なのかを決める。」のページで詳しく書いているのでご覧いただきたい。

まとめ

さて、いろいろと書いてきたが、けっきょくこの「パソコンの利用目的を決める。」ということはパソコンの購入をする際に一番始めに決めることであるが、このことがパソコン購入にあたってはもっとも重要な部分ではないかと班長は思う。

つまり最後の購入まで、この「パソコンの利用目的を決める。」ということがベースになっていくことになる。

なので少々考えるのはめんどくさいかもしれないが、失敗をしないためにも大雑把でもいいのである程度の利用目的を決めておくことをおすすめする。

これは班長自身が利用目的というのを曖昧にし、パソコンを購入して失敗したことがあるので実体験として言えることである。


次は「パソコンを使用する時のシチュエーションを見極める。」



関連ページ