グラフィックボードとは?

パソコンのスペックの詳細を見ていると、「グラフィック」などと書かれている項目がある。これはいったいなんなのだろうか?

この「グラフィック」の項目では、そのパソコンがどのようなグラフィック機能を搭載しているのかということが書かれている。

グラフィック機能とはパソコンに信号として入力された映像をモニタの画面に映し出す(出力する)機能である。

そのグラフィック機能を行うパーツがグラフィックボードである。

グラフィックボードは、グラフィックカード、ビデオボード、ビデオカード、VGA(ビデオ・グラフィック・アクセラレータ)などとも呼ばれている。

このグラフィックボードが高性能であればあるほど、高画質な映像を観ることができるし、3Dオンラインゲームを快適にプレイすることができる。

パソコンを快適に動かすというと「CPUのスペックの高さ」をイメージするが、高度なグラフィックを快適に動かすにはグラフィックカードのスペックの方が重要なんてこともあるようだ。

逆に言えば、別に3Dゲームもやらないし、映像も高画質なものでなくてもいいという方にはそれほど重要なパーツではない。

高性能のグラフィックボードを選んでも宝の持ち腐れになってしまうだろう。

3Dゲーム目的や、高画質の映像を観るのが目的の方は、確実に意識しなければいけないパーツである。

オンボードとチップセット内蔵について

オンボードとチップセット内蔵、これはほとんど同じ意味と考えていいようだ。

まず、オンボードというのは、マザーボード(パソコンの中心となる基盤)にすでにグラフィック機能がついているもののことをいう。

次にチップセット内蔵というのは、CPU側にグラフィック機能が搭載されているものをいう。

両方ともすでにグラフィック機能は搭載されているので、パソコンで映像を観たりすることは問題なくできる。

また、個別にグラフィックカードを搭載しなくて済むから安価でパソコンを組むことができるというのも利点だ。

しかし、このオンボードやチップセット内蔵に搭載されているグラフィック機能の性能というのは高くはない。

高画質で映像を観る、3Dゲームを快適に楽しむというのならば、高機能のグラフィックボードが必要だろう。

グラフィックボードの性能と種類

グラフィックボードにはグラフィックチップというグラフィックカードの中心部分がある。GPUとも呼ばれている。

このGPUにはCPUと同じくクロック数というのがある。

GPUのクロック数はCPUと同じく600MHzとか700MHzのようにHzで表わされる。

やはり数字が大きい方が性能がいい。

このグラフィックボードの中心であるグラフィックチップ(GPU)はNVIDIA社が開発した「GeForce」とATI(現在はAMD社に買収された)が開発した「RADEON」の二つがあり、性能的には現在では変わりはないようだ。

あとは好みの問題になるだろう。

この2社のグラフィックチップから供給を受けてグラフィックカードを専門に作っている会社がビデオカードを販売しているという感じである。

ATI(現在はAMD)社は純正品としてグラフィックカードも作っている。

次にVRAMについて。

VRAMというのはビデオメモリのことである。

パソコンにもメモリがあるが、グラフィックカードにも同じようにメモリがある。これがVRAM(ビデオメモリ)である。

3Dグラフィックなどの画像を表示する際のデータ量というのはかなりの量になる。

GPUで処理されたデータはこのビデオメモリに一時保存され、必要な時に使われるという仕組みである。

したがって、ビデオメモリの容量は多ければ多いほど大量のデータを保存できるため、作業が早くなる。

これもパソコン自体のメモリと同じである。

ただ、このビデオメモリはオンボードやチップセット内蔵には付いていない。

ではどうやってGPUで処理したデータを保存するのか。

それはパソコン自体のメモリを共有するという形をとっている。

専用のビデオメモリを持たないということは、どうしても速度は落ちてしまう。

この部分でもオンボードやチップセット内蔵のグラフィック機能は単体のグラフィックカードよりも性能的に劣るということがわかる。

まとめ

グラフィックボードの基本的なことについて書いてみたが、例えばパソコンを自作しようとなると、もっと詳しいことを覚えなければならない。

しかし、BTOであれば、今回書いたようなことだけでも充分対応できるだろう。

例えば、BTOパソコンを扱っているメーカーやショップの場合、高度な3Dグラフィックを必要とする3Dゲームができるパソコンが欲しいと思えば、そのゲーム対応に組んであるパソコンがあるからである。

もちろん、そのパソコンはカスタマイズもできるので、より高スペックにすることもできる。

これもBTOパソコンの利点であると言えるだろう。



関連ページ