ハードディスクドライブ(HDD)とは?

ハードディスクドライブ。よく「HDD」とか単にハードディスクとか呼ばれているパソコンのパーツ。このハードディスクドライブはパソコンの中でどのような役割を持っているのだろう?

ハードディスクドライブはパソコンのデータを記憶させる記憶装置の一つである。

記憶装置で似ているのがメモリーだが、メモリーは一時的にデータを記憶させておくためのパーツに対して、ハードディスクドライブはデータを長期的に保存させておくパーツである。

デジカメで撮った写真や編集した動画、それに仕事の資料などなど、大切なデータを保管しておく場所である。

かなり大事なパーツであることは間違いない。

メモリーのように必要な時のさっと読みだすことはできないし、書き込まれる速度も遅いが、記憶容量の大きさや、磁気をを使って物理的にディスクに記憶させるので、長期保存にはもってこいの記憶装置なのである。

しかし、ハードディスクは壊れやすいという欠点を持っている。振動や衝撃といったものにかなり弱いパーツである。 よくパソコンはハードディスクからダメになるなんて話も聞くくらいだ。

大切なデータが吹っ飛んでしまったら大変なことである。

このようなことにならないように、大切なデータは外付けのハードディスクドライブなどにバックアップをこまめにしておくことをお勧めする。

また、これはデスクトップパソコンでは大丈夫だと思うが、パソコンの電源が入った状態で変に動かしたり振動を与えるとハードディスクドライブがダメージを受けてしまう可能性もあるので、ノートパソコンなどで作業をしているときには十分注意が必要だ。

ハードディスクドライブの性能を見るには

【容量の多さ】

ハードデスクドライブの性能にはどのようなものがあるのか?まず一番最初に思いつくのが、その容量ではないかと思う。

ハードディスクは大切なデータを長期保存するためのパーツということを書いたと思うが、いろいろなデータを保存しておくためにはある程度の容量というのは必要である。

現在、ノートパソコンでは100GB以上は普通で600GB以上のものまである。デスクトップパソコンでは500GBから2TBなんて容量のものまである。

ちなみに1000GB=1TBである。

やはりハードディスクの容量というのは多ければ多いほどいいと思うが、容量が多ければ多いほど通常は価格があがる。

なので、自分のパソコンの使用用途によって容量は決めるのがいいだろう。

テレビなどを録画したものや編集した動画の保存などをする予定がなければ1TBも容量は必要ない。

これもどのくらいの量かで変わるが、通常のデジカメなどの写真の保存程度だったら500GBで十分である。

このあたりは自分のパソコンの使用用途と予算で決めてください。

【ハードディスクドライブの回転速度って?】

パソコンのスペック欄のハードディスクの部分を見ると後尾に「7200rpm」とか「5400rpm」などと書いてあると思う。

この数値は1分間にディスクが回る回転数である。

7200rpmだったら一分間に7200回もディスクが回転するということである。

回転数は早ければ早いほどデータをディスクに読み込む速さは速い。

高性能というわけだ。

ちょっと昔のタイプだと、回転数が早いとハードディスクに熱を持たせてしまったり、エラーを起こしやすいといったことが起こったが、現在のハードディスクはかなり性能も上がっているので、このようなデメリットの部分も解消されている。

なので、現在売られているパソコンに入っているハードディスクならば、この数値が高い方が高性能だと思って問題ないだろう。

現在は7200rpmが主流になっているようである。

まとめ

ハードディスクドライブの容量をどのくらいにしようかというのは、BTOパソコンではかなり迷うところだと思う。ただ、この部分も自分のパソコンの利用目的を明確にしておくことで、余分すぎる容量のハードディスクドライブを選ばなくてもすむだろう。

もちろん、予算に余裕があれば、自分が必要だと思う一つ上の容量のハードディスクドライブを選ぶというのも良い選択だと班長は思う。

ハードディスクは、さまざま大切なデータを保存しておく大切なパーツである。しかし、パソコンのパーツの中でも壊れやすいパーツということも忘れてはならない。

なので余分すぎる容量のハードディスクドライブを選ぶのであったら、その分外付けのハードディスクドライブを購入してバックアップにあてた方が賢いと班長は思う。

外付けのハードディスクを買う方が余分に容量を増やすより予算はかかってしまうと思うが、それだけの価値はあるだろう。



関連ページ