インターネットでパソコンを購入すること自体が不安。

インターネットでパソコンを購入することが不安という方も少なくないのではと思う。班長の調査の結果、ちゃんと届くのか不安とか、個人情報などを入れるのが怖いという人が多いということがわかった。

また、パソコンという高価なものは量販店などで店員さんとちゃんと話をしながら買いたいという方も多い。たぶん一番最初にパソコンの購入を考えているほとんどの方はこのような気持ちを抱くのではないだろうか。班長もまさにそのような気持ちだった。

まず、このような方はインターネットでパソコンを購入するということが不安というか、インターネットで買い物をするということ自体が不安なのではないかと班長は思う。

実際、パソコンを持っている人でもインターネットで買い物はしないという人もいる。その気持ちは班長はわかりすぎるほどわかる。やっぱりクレジットカードの情報や個人情報を入力したり、その商品が本当に届くのかってすごく不安になったことを覚えている。

いまでは全くと言っていいほど気にしなくなってしまったが。

ではなぜ班長があれほど怖がっていたインターネットでの買い物を今では平気で、というよりも主な買い物方法として使えるようになったのか。またインターネットでパソコンを購入するメリットなどについて書いていきたいと思う。

インターネットでの買い物は本当に安全なのか?

パソコンだけでなく、インターネットでの買い物でよく怖いと聞くのがクレジットカードの番号や個人情報を入力して誰かに悪用されないかということだ。

まずこの部分はSSLという情報を通信時に暗号化することによって、悪いことを考えている人間への情報の漏えいや盗聴を防ぐというものがある。

またそのウェブサイトの運営者を確認することもできる。

SSLについてのより詳細な解説は省くが、まずそのネットショップがSSLを導入しているかという確認が大切である。

まぁ大手のパソコンメーカーでは導入していないという方がおかしいくらいなのでこの部分は安心できるだろう。ちなみに当サイトで紹介しているパソコンメーカーはすべてSSLが導入されている。

SSLが導入されているか確認する方法はパスワードやクレジットカード情報、個人情報などを入力するページのURL表示が「https://」で始まっている。

そしてURL表示の右側に鍵マークか付いている。これが確認できればそのサイトはSSLを導入しているということになる。また、その鍵マークをクリックすると運営者名も確認できるので、心配であればチェックしておこう。

さて、SSLが導入されているからといって全てが安心というわけではない。

次に心配になるのがスパイウェアだ。

なんでも自分がパソコンを操作しているのをすべてログしてしまうスパイウェアがあるらしい。

主にキーロガーなどと呼ばれるものである。

このキーロガーは使い方としてはとても有効なソフトみたいだ。

例えば子供がパソコンをしているとしよう。その操作履歴をキーロガーによって残せば、子供が変なサイト、危険なサイトなどに行っていないかなどがわかる。

しかし悪用しようとすれば、他人が操作したパソコンの履歴をすべてログし、プラス外部送信用のファイルを利用し、第三者のパソコンへ送信してしまうということができてしまう。

このようなことが出来てしまうということは、自分がキーボードで入力したクレジットカード情報や個人情報などがおもいっきり漏えいしてしまう。

これではSSLで情報を暗号化したとしても、その前に入力情報を収集されてしまうのだから意味がなくなってしまう。

このような悪用に使われるキーロガーを防ぐためにはやはり高性能なウイルス対策ソフトが必要になる。

有名どころでいえばマカフィーやノートンというウイルス対策ソフトである。

ちなみに班長はイーセットスマートセキュリティというウイルス対策ソフトがお勧めである。

このような高性能ウイルス対策ソフトであれば、かなり手の込んだものでなければ十分対応できるであろう。

このようなことを調べ、インターネットでの買い物というのはある程度自分で対策を打てばそれほど危険なものではないと感じ、班長はネットショッピングをするようになったのである。

ただし、やはり信頼できないようなネットショップではこれからも買い物はしないだろう。

パソコンだったら信頼できるメーカーが運営するショッピングサイト、普通の買い物だったら楽天市場のような大きなショッピングサイトに登録しているサイト、Amazonのような有名どころのショッピングサイト、このようなところが班長の主にしているインターネットショッピングのサイトである。

インターネットでパソコンを購入するメリットとは?

これはやはりBTOができ、余計なものを付けないで安くパソコンが購入できるということが一番大きい。

それから量販店で買う時のような店員の煩わしさがないというのも班長的にはうれしいところである。

また、近くに家電量販店がない方、忙しくてショッピングになかなか行けない方などにとっては24時間いつでも購入可能というのもメリットではないだろうか。

パソコンに限らず欲しいものをいつでもインターネットで注文できるということは、かなりメリットとして感じている方も多いと思う。

ただこのようなインターネットショッピングの恩恵を授かるにはやはり最低限の自己防衛は必要だといえるだろう。

まとめ

インターネットでパソコンという、ある程度高価なものを購入するのに抵抗をもっている方も少なくないだろう。班長もまったく同じ思いである。

ただ、やはりある程度の知識や対策を立てておけばこれほど便利でお得な買い物の仕方はないと班長は思っている。

もちろん今回書いたSSLを導入しているのか、高性能のウイルスソフトを使用しているのか、この二つがクリアしていても100パーセント安全とは言い切れないと思う。まぁかなりのパーセンテージで安全なのだが。

それでももし心配であれば、支払いを銀行振込にしたり、代金引換にするという手段もある。すべてとは言わないがほとんどのBTO可能なパソコンメーカーではどちらの支払い方法も対応しているはずだ。

そうすれば万が一情報が漏えいされたとしてもクレジットカードの情報は免れることができる。

また、代金引換であれば、商品が届いてからの支払いなので、商品が届くか不安という心配も解消される。

どちらとも手数料はかかってしまうことの方が多いが、不安でびくびくしているよりは手数料を支払って安心して待っていたほうが遥かにいいかもしれない。

ただ班長は今回書いた以上の防衛策もしたことがないし、これからもするつもりもないが、普通にクレジットカードなどでパソコン購入はもちろん、インターネットショッピングもしていくつもりである。

もちろん、激安とわかっていてもあまりにも怪しいネットショップでは確実に購入はするつもりはない。さびしいことだがやはり悪い奴はたくさんいるからね。



関連ページ