パソコンで地デジを観る・録るには?

2011年7月24日からアナログテレビ放送が終了し、デジタル放送へ移行される。これはもう何年も前からテレビCMや番組最中の下部に表示されているので、皆さんもすでにご存じだろうと思う。

デジタル放送に伴い、みなさん、地デジ対応のテレビの買い替えをしたり、検討中だったりしているのではないだろうか。

また、パソコンで地デジを観たいという方も少なくないのではとも思っている。

まず、パソコンで地デジを観たいという方には、一人暮らしで、スペース的にテレビとパソコンが一緒だったらと思う方や、家族で、リビングでは大型の地デジ対応テレビだけれども、自分の部屋で地デジを観るのに、パソコンと一緒だったらスペースもとらず、パソコンも出来るし地デジも観れると考えている方がいるのではないかと班長は推測する。

さて、地デジを観るには、パソコンであれ通常のテレビであれ、まずやっておかないことがある。自分の住んでいるところが地デジが始まっているのか?UHFアンテナを設置してあるのか?

この部分は私のサイトで説明するよりもDPAという社団法人デジタル放送推進協会のサイトで超詳細に説明してくれているので心配な方はご覧いただきたい。

それでは地デジが自分の住んでいる地域、環境で観れるということで話を進めていこうと思うが、まず、新しく地デジに対応しているパソコンをわざわざ買わなくても今持っているパソコンで地デジは観れるかもしれないということを覚えておいてもらいたい。

もし、今お持ちのパソコンで地デジが観れるならば、パソコン用の地デジチューナーを購入して、それをパソコンに取り付ければいいだけである。

この地デジチューナーというのは2万円程度で買えてしまうので、新しくパソコンを買うよりも断然お得である。

しかし、どのパソコンでも地デジチューナーを購入すれば地デジが観れるという訳ではない。

やはり、地デジを観るためにはある程度スペックの高いパソコンというのは必要である。

ディスプレイもそれなりの解像度を持っていないと、きれいな画像で観ることはできない。

また、パソコンで地デジを観るにはCCIという著作権保護のためにコピー制限する信号があり、それに対応しているパソコンでないと地デジを観ることができないということもある。

それにHDCPというこれまた著作権保護の暗号化機能だが、これはパソコンとディスプレイ間でのデータ転送の著作権保護のものである。

まぁこの辺はあまり詳しく知る必要もないと思うが、もし、自分が今持っているパソコンで地デジを観るということであれば、このCCIやHDCPに対応しているのかということを確認しなければならない。

また、パソコンから液晶モニタへデジタル転送をするにはVGA端子ではなく、DVI端子かHDMI端子での接続が必要である。

ちなみにHDCPの方はノートパソコンや一体型のディスクトップパソコンのようにディスプレイとパソコン本体が一体になっているものは、心配無用である。

それからCOPPというこれまた著作権保護のもので、グラフィックカードとコンテンツ保護の制御を行うアプリとの間でのものである。

このCOPPにグラフィックカードが対応していないとやはり地デジは観ることはできない。もしくは観れてもかなり画質が落ちる。

少しまとめると、地デジをパソコンで観るためには、


1.パソコンが地デジ対応になっているか、またスペックを満たしているか。

2.ディスプレイやグラフィックボードがHDCPに対応しているか。

3.グラフィックボードがCOPPに対応しているか。


かなりざっくりだが、このようなことがパソコンで地デジを観るのにな必要になる。

いやいや、かといって自分のパソコンがちゃんと地デジに対応しているのかわかんないよ~というのがほとんどの方の正直な気持ちだろう。

そんな方も安心してほしい。

みなさんも耳にしたことがあると思うが、コンピューター周辺機器を販売・製造しているバッファローとアイ・オー・データが今使っているパソコンが地デジに対応しているか診断してくれるソフトを無料で提供してくれている。

I.O.データ「地デジ相性チェッカー」 バッファロー「ストリームテストfor地デジ」

こちらでチェックしてみてほしい。

地デジを観る・録るために必要なパソコンのスペックは?

では地デジを観る・録るために必要なパソコンのスペックというのは、実際にどのくらいのものなのか?

こちらでは地デジを観る・録るために主要と思われるパーツのスペックを見ていきたいと思う。

液晶モニタ~

地デジを観るのに気になるのが、画像ではないだろうか。

画像はあまり気にならないという方は低解像度の液晶モニタでも構わないが、やはりせっかく地デジを観るのなら、ある程度きれいな画像でみたいと考える方のほうが多いのではないかと思う。

さて、地デジ放送はどのくらいの解像度で放送されるのだろうか?

通常の地デジ放送は1440×1080で放送される。またフルHDになると1920×1080になる。

これから地デジを観るために液晶モニタを検討されている方は1440×1080以上のものを選ぶのがいいだろう。

また、さらにフルHDの画質もきれいに観たいという方は1920×1080以上のものを選びたい。

しかし、地デジ放送のすべてがフルHDではないので、普通に地デジを観るという感じであれば、1440×1080でも十分だと班長は考える。

OS~

さて次はOS。

現在地デジに対応しているOSは、


  • Windows XP(SP2以降)
  • Windows Vista
  • Windows 7

である。

CPU

高解像度の地デジ放送を観るということは、CPUにも高い負荷がかかるということは感覚的にもわかることだと思う。

それに伴わせ、地デジを観るときに使うさまざまな機能(番組表ツールや録画を管理するツールなど)を地デジ観賞と一緒に立ち上げるなんてことも頻繁に起こってくる。

バッファローやI.O.データなどの地デジチューナーの推奨CPUをみると、 Core 2 Duo E4300 1.8GHz以上、AMD Athlon 64 X2 2.6GHz以上というのがほとんどである。

より快適に地デジを観るにはこの推奨CPUよりも少し上のランクのCPUにした方がいいだろう。

グラフィックボード

まず確実にチェックが必要なのが、そのグラフィックボードがHDCP、COPPに対応しているかどうかである。

次にやはり負荷の高い高解像度の画像を処理するわけなので、グラフィックボードのスペックも高いものがいいだろう。

チップセット内蔵型のグラフィックボードでも観れなくはないが、できればNVIDIAのGeForceシリーズやAMDのRadeonシリーズなどのグラフィックボードが搭載されている方が好ましい。

まず最新のグラフィックボードならHDCP、COPPに対応している。

メモリとHDD

メモリとHDDはもちろん、大きな容量であったほうが望ましい。

メモリはOSによっても変わってくるが、


  • Windows Vista:1GB
  • Windows Xp:512GB
  • Windows 7:1GB(32bit) 2GB(64bit)

という感じが必須条件になると思う。

もちろん、より地デジ機能を使ったり、地デジを快適に観たりするには、メモリの容量はもっとあったほうがいい。

そして、HDDだが、これは地デジの録画をどのくらいの頻度で行うかで決まる。

これは個人差がかなりあると思うので一概には言えないが、地デジの標準放送をHS(長時間)のモードで1時間録画する場合、約2GBの容量が必要になる。

これがフルハイビジョンだと約7GBくらいの容量を使う。

標準放送を100時間録画で約200GB。フルハイビジョンを100時間で約700GB。

録画をたくさんしたいという方は1TBなどの大容量のHDDや外付けのHDDなどで録画をすることをお勧めする。

BTO可能PCメーカーでの地デジ対応パソコン購入

いままでは地デジを観る・録るためのパソコンの知識を書いてきたが、これから地デジを観ることを前提としてパソコンを買おうと思っている方には、いままで書いてきた著作権保護のことや、CPUやグラフィックボードのスペック、対応しているOSの種類などはあまり気にしないで大丈夫である。

それぞれのパソコンメーカーでは地デジ対応のパソコンがあるからである。

それぞれのパソコンメーカーで出している地デジ対応パソコンにあとは自分なりにHDDを増やしたり、メモリーを増やしたり、ちょっと上のクラスのCPUにしたりとカスタマイズすればいいだけである。

もちろん、そのままでも地デジ対応パソコンなので、地デジを観たり録画したりは普通にできるパソコンである。

このようにHDDやメモリー、CPUなどをカスタマイズできるので、地デジ対応パソコンはBTOで購入するのが賢い買い方ではないかと思う。



関連ページ