自作パソコンは安いイメージがあるが実は・・・

パソコンを購入するときに出来るだけ安く買いたいというのは誰しも思うことではないだろうか。もうすでに何台かパソコンを買い替えている人は特にそう思うだろう。

そして、安さを求めていくとほとんどの人が自作パソコンという言葉に出会うと思う。

自作パソコン。

読んで字のごとく自分でパソコンを作ってしまうということだ。もちろんパーツはすでに出来上がっているものを使うのだが。

では実際に自作パソコンというのは安いのだろうか?

これはどのようなパソコンを作るかで変わってくる。

同じスペックでまったく同じパーツのものを使ったとしてハイエンドのパソコンを購入するには自作パソコンの方が安いのか、それともBTOの方が安いのか。

答えはBTOパソコンの方が安い場合のほうが多い。

なぜなら同じパーツを買うとして、個人の場合一つのパソコンを自作するためだけに一つ一つのパーツを買うのに対し、BTOの場合は会社が大量にパーツを買う訳だからパーツ一つの単価は確実に安くなる。

もちろんこれに人件費や利益の部分もはいるがそれでもハイエンドパソコンを同じスペックで自作とBTOで比べた場合BTOの方が安いということが多い。

さらに自作パソコンの場合、一つ一つのパーツを一番安い店を探しながら買うという手間もある。

それじゃあBTOの方がいいじゃないかと思われるかもしれないが、自作パソコンには自作パソコンの魅力がある。

先ほど同じスペックで自作パソコンとBTO、どちらが安いかという比較をしたが、まずハイエンドのパソコンを自作でやろうという人はBTOでは自分の理想とするパソコンを作ることが出来ないという人だ。

ショップ系のBTOならかなりの自由度はあるが、やはり自作パソコンはより自由度が高い。

自由度が高いということはそれこそかなりパソコン、それもハード面に関しての知識が相当あり、各パーツについての新しい情報などにもかなり詳しい人だ。

パソコンを自作するということ自体は慣れればプラモデルを組み立てるくらい簡単なことだが、自分の理想のパソコンを作るためにはパーツ選び、パーツの相性、パーツの構成などなど、組み立てる以前の難しさがある。それにOSも自分でインストールすることになる。

また、自作パソコンの場合は不具合がでても基本すべて自己責任である。不具合があったときにどこが悪いのかを調べる能力、またその不具合を治す技術が必要である。

先ほど「自作パソコンには自作パソコンの魅力がある」などと言っておいてデメリットのことばかり言ってるじゃないか!!と突っ込まれそうだが、この普通の人がデメリットと思う部分が自作パソコンをしている人の醍醐味なのである。

自分の理想のパソコンを自分の頭で構想して、自分の足でそのパーツをできるだけ安く探し、そして組み立てる。

組み立て終わった後、その自分の理想のパソコンが起動して問題なく動く。

何か不具合があった場合も自分の力で解決する。

このようなことを”楽しみ”と思えないのであれば、自作パソコンに手を出すのは控えた方がいいと班長は考える。

もちろん、「パソコンがすごく好きで、これから自作パソコンに挑戦していきたい!!」って思っている方は確実に挑戦したほうがいいと思う。きっとすごくおもしろいと思う。

ただ考えてほしいのは班長を含め、このサイトを観ている方のほとんどはパソコンを自作するということが目的ではなく出来るだけ安く、自分の目的に限りなく近いパソコンを購入して、自分のパソコンライフを楽しむ、または"自分の仕事の効率を上げるということが目的ではないだろうか。

自作パソコンを選んで失敗した例

班長の知人でこんな人がいる。

その人のパソコンの利用目的はインターネットとメールをするくらいの人。なのでパソコンのことなどよく知らず、ただ自作パソコンは安いということだけを知り、パソコンに精通した知人に頼みパソコンを作ってもらった。

そのパソコンに精通した知人というのはそれが仕事ではない。パソコンとはまったく関係ない仕事をしている。その自作パソコンは確かに量販店で買うパソコンより安く済んだらしい。BTOで購入していたらどうかわからないが・・・。

安くパソコンが手に入ったと喜んでいたその人だが、ある時パソコンに不具合が生じた。なにもわからないその人はもちろん自作パソコンだからメーカーなどに聞くこともできず、パソコンを作ってもらった人に修理を頼んだ。

修理を頼んだはいいが、なかなか治してくれない。でも知人なので催促もできない。

それはそうだ。その人はそれが本職ではない。自分の仕事もあるからパソコンの修理に集中するわけにはいかない。

結局パソコンが戻ってきたのは修理を頼んでから3カ月後。そして修理代やそのほかにお礼ももちろん払う。

まさに最悪のパターンではないだろうか。

この話の中では自作パソコンを選んではいけない3つのポイントがある。


  • 一つ目は安いという言葉に魅かれパソコンのことを何も知らない人間が自作パソコンに手を出したこと。
  • 二つ目は自作パソコンに手を出したのに、全くと言っていいほどパソコンのことを勉強しなかったこと。
  • 三つ目はパソコンに精通している人なのに、自作パソコンを所有した後のことをしっかりと相手に伝えないで安易に請けてしまったこと。

例えばこの話の中の私の知人が安くパソコンを購入したいのなら、私は迷わずBTOパソコンを勧める。それもメーカー製のBTOパソコン。

なぜかと言えば、この人は安くパソコンを買いたい。しかし不具合があったときに自分で解決できない。また、解決するための努力をするつもりがない。

このような人には確実にサポートが必要になる。

今回の実例でいえば私の知人はパソコンの不具合が出た時に頼る人はパソコンを自作してくれた知人だけになってしまう。

不具合が出るたびにその人に相談していたら、きっとその人も「またかよ・・・、めんどくせーなー」なんて思ってしまうのではないだろうか。

また相談する方も、「また聞くのも悪いな・・・」などと気遣いをしてしまうのではないだろうか。

その点メーカー製のBTOパソコンなら購入後のサポートもしっかりしているし、購入前にどのようなパソコンの構成が自分にはあっているのかも丁寧に教えてくれる。もちろん保証期間内だったら何度でも相談できるし、聞いて恥ずかしいかななんてことも遠慮なく聞ける。

ショップブランドのBTOでもいいのだが、やはりショップブランド系の場合はメーカー製よりもある程度知識は必要になる。

このようなことから私はメーカー製のBTOパソコンを勧めるだろう。

残念ながら私と話す前に自作パソコンに決めていたみたいでなんのアドバイスもできなかったのだが・・・。

もし私の知人が本当にパソコンに興味があって、この先自分でパソコンを自作して、パソコンについていろんなことを勉強していきたいというのであれば、今回のパソコン購入のやり方は正解だろう。

この先そのパソコンに精通した人にいろいろとご教授を願えるというメリットがあるからだ。

しかし、今回の実例では確実に自作パソコンを買ってはいけないパターンだと私は思う。

ただ”自作パソコンは安い”という噂だけを信じず、自分はパソコンを自作してまで作りたいのか、自作するだけの能力があるのか、またはこれから能力をつけたいのか、自作した後に生じる不具合などを自分から進んで解決しようと思えるのか、このようなことを踏まえてから自作パソコンに挑戦するということを考えた方がいいと班長は思う。



関連ページ