スカイプってなに?

スカイプというのは簡単に言えばインターネットを使った電話である。

1番の魅力は自分の端末にスカイプのソフトがインストールしてあり、スカイプのアカウントを取得している者同士であれば世界中どこでも無料で通話ができるということだろう。

スカイプのサービスが始まったのが2004年。当時はまだパソコン自体の処理能力の低さ、インターネット回線の環境の低さから通話品質はそれほどでもなかったようだが、現在ではかなり品質の良い通話ができる。

班長がスカイプを利用し始めたのは2008年ころあたりなのでもうすでに高品質の通話ができていた。

スカイプはほとんどの機能が無料で利用することができる。もちろん有料であればより充実した機能を利用することができる。

ただ普通に利用するだけならば無料でも充分すぎるほどの機能である。

無料、有料でできる機能はまたのちほど解説しよう。

スカイプは現在(2011年10月)ではパソコン以外でもスマートフォンやiPhone、iPadでも利用することができる。

「スカイプというのは知っているけど、設定とか使い方とか難しそうだから使っていない」とか「スカイプって本当に無料なの?なんだかんだでお金を取られそうで怖い・・・」などと思われている方も少なくないと思うが、かなりもったいないと思う。

スカイプを導入することはぜんぜん難しくないし、使い方も基本的な通話やチャットなどはめちゃくちゃ簡単である。

難しいことは考えずまずは通話やチャットから楽しむところから始めることをお勧めしたい。

それではもう少し詳しくスカイプについて解説してみたいと思う。

スカイプを利用するために必要なものは?

では実際にスカイプを利用するにあたって必要なものについて解説したいと思う。


  • 1.パソコン、またはスマートフォン、iPhone、iPadなどの端末
  • 2.スカイプのソフトのインストール
  • 3.ヘッドセットやマイクロホン
  • 4.Webカメラ

以上のものがスカイプを利用するのに必要なものである。

では一つずつ解説していこう。

1.パソコン、またはスマートフォン、iPhone、iPadなどの端末

スカイプを利用するには当たり前だがスカイプを使う端末が必要である。

一昔前まではスカイプといえばパソコンで利用するというのが当たり前だったが、現在はスマートフォンなどでも利用できる。

スカイプを利用するためのパソコンやスマートフォン、iPhone、iPadの必要環境は

Windows

OSWindows XP、Vista、7の32ビット、もしくは64ビット版
CPU1GHz以上のプロセッサ搭載
インターネット接続音声通話 下り上り共に100Kbps以上のブロードバンド接続を推奨
ビデオ通話  下り4Mbps 上り512Kbpsの高速ブロードバンド接続を推奨

MAC

OSMAC OS X v10.5.8(Leopard)以降
CPU1GHz以上のプロセッサ搭載
インターネット接続音声通話 下り上り共に100Kbps以上のブロードバンド接続を推奨
ビデオ通話  下り4Mbps 上り512Kbpsの高速ブロードバンド接続を推奨

スマートフォン

OSAndroid Android2.1以降
iPhone iPhone 3G以降 ビデオ通話を利用するにはIOS 4.0以上

以上がスカイプを利用するための各端末の必要環境である。

2.スカイプのソフトをインストール

スカイプを利用するにはスカイプのソフトをインストールする必要がある。

もちろん無料である。

ここでスカイプのソフトのインストール方法を掲載してしまうと長くなってしまうので、別ページに画像付きで掲載した。

「スカイプのソフトのインストール方法(作成中)」←こちらのページに掲載してあるので参考にしてもらいたい。

3.ヘッドセットやマイクロホン

ヘッドセットやマイクロホンはスカイプ利用して通話をするときに必要な機材である。

かなり少数になると思うが、通話をしないでチャット機能だけを利用するという方には必要ない。

ヘッドセットやマイクロホンは高いのではと思われるかもしれないが、ピンキリだが、1000円代から購入できる。

班長が利用しているのはヘッドセットで、1500円くらいのものである。

音質など全く問題なく利用できている。

ヘッドセットやマイクロホンはこのくらいの値段で購入できるので、スカイプを利用するのであればチャット機能だけでなく、ぜひ通話機能を利用してもらいたい。

4.Webカメラ

Webカメラは単体のものはもちろん、マイクロホンと一体になっているものもあればパソコンに内蔵されているものもある。

遠く離れた家族や恋人、友人などとじゃなす時に表情も見れる。

また、後述するが、スカイププレミアム(有料)であれば、3人以上でのグループビデオ通話もできる。 ちょっとした会議みたいのも出来てしまうというわけだ。

もちろんWebカメラはビデオ通話はしないという方には必要はない。

以上がスカイプを利用するために必要なものである。

スカイプの無料・有料で利用できることの違い

ここではスカイプが無料でできる基本的な機能と、有料になるとどのようなことができるのかということを解説してみたいと思う。

まずスカイプが無料で利用できる基本的な機能というのは


  • 1.スカイプ同士の音声通話
  • 2.スカイプ同士なら複数人数で音声通話ができる
  • 3.スカイプ同士のビデオ通話(1対1)
  • 4.スカイプ同士のチャット
  • 5.ファイル送信
  • 6.画面の共有

まだまだ利用できる機能はたくさんあるが、スカイプの基本的な機能はこの6つが主体である。

では有料になるとどのようなことができるかというと、スカイプから固定電話や携帯電話に格安の料金でかけることができる。グループビデオ通話が3人以上(最大10人)で利用できるというのが有料版の特徴である。

スカイプから固定電話や携帯電話にかける場合はプリペイド料金か月額プランを選択する。

プリペイド料金よりも月額プランのほうがやはり安い。

そして複数人数でのグループビデオ通話をするにはSkype Premiumを購入する必要がある。

Skype Premiumはその日限りの1日パス、月額プランがあり、1日パスは550円/日(消費税込み632円50銭)、月額プランは999円/月(消費税込み1148円85銭)の料金がかかる。

また、月額プランでは12ヶ月の契約だと50%の割引、3ヶ月の契約だと25%の割引がある。

以上のようなことがスカイプの無料・有料で利用できることの違いである。

まとめ

スカイプについていろいろ書いてきたが、実際班長が利用しているのは通話機能、チャット機能、ファイルの送信だけである。

これだけでもスカイプは充分利用価値があるといえると思う。

班長の場合は仲のいい友人との会話や、仕事仲間との情報交換などでスカイプを利用している。

仲のいい友人や仕事仲間と話をするときには、平気で2時間とか話をしていることが多い。

これが普通の電話での会話だったら、めちゃくちゃ電話料金がかかってしまうだろう。

また。昔まだスカイプを利用していないときは、普通の電話をしながら送りたいファイルや見てもらいたいホームページのURLなどがあるとメールにいちいち添付して送ったりしていたが、スカイプならその場でパッと送れるのですごく楽である。

使ってみるとかなり便利でお得なサービスである。

スカイプを利用したいがまだ躊躇されている方にはぜひ一度スカイプを利用してみることをお勧めしたい。