マウスコンピューターカンファレンス(2011年11月)に行ってきた。

2011年11月25日に行われたマウスコンピューターカンファレンスに行ってきた。

場所は浅草橋にあるマウスコンピューターの本社。

今回が第二回目のカンファレンスである。

残念ながら班長は第一回目は参加できなかったので、今回はすごく楽しみにしていた。

会場ではセミナー会場、各シリーズの展示会場、休憩スペースに分かれていた。

休憩スペースには軽食も用意されていて、なんとも至れり尽くせりであった。

展示会場ではデスクトップパソコンのブース、ノートパソコン&タブレットのブース、ゲームPC「G-Tune」のブース、法人向けPC「MousePro」のブースに分かれていて、とても見やすく、また、普段ではあまり見ることのできないパソコンの内部まで見れた。


↓↓↓各展示ブースの様子

(デスクトップブース)

デスクトップ


(ノートパソコン&タブレットブース)

LuvBook 700シリーズ


LuvBook S


LuvBook S キティ


(G-Tuneブース)

G-Tune


G-Tune


(MouseProブース)

MousePro


タブレット


全体の内容は、開催時間が18時~22時。

この時間の中で、マーケティング担当の方や、商品開発担当の方、開発技術部の方などのセミナーが行われる。

そして、そのセミナーの中に今回はゲストセミナーとしてインテルの方のお話も聞くことができた。


各セミナーの内容

セミナーの内容は最新のCPUであるSandyBridge-E、各シリーズの特徴や売れ筋、液晶モニタの特徴、そしてマウスコンピューターのこだわりなどなど、かなりコアな部分な話を聞くことができた。

まず通常では聞けないこのセミナー、とても勉強になったということはいうまでもない。

そして、通常ではあまり体験できないであろう、液晶モニタの分解されたものも見ることができ、液晶モニタがどのようにして動作しているのかなどもよく理解できた。


(分解された液晶モニタ)

液晶モニタ分解

(光っているのがLED。触っても熱くない。)

led

またリビングPCの「LUVLIB」の使い方の提案として、ネットワークオーディオとスマートフォンで操るデモンストレーションなども行われた。

(LUVLIB)

led

かなり興味津々であったが、さすがにまだ班長の6畳一間のアパートではちょっと宝の持ち腐れになってしまうので、購入は考えられないが、めちゃくちゃ高いのでは?と思っていたネットワーク機器(ネットワーク対応のアンプやプレーヤー等)が、現在ではかなり買い求め安い値段になっているということには驚いた。

すでにネットワークオーディオ環境を整えるということは高嶺の花ではなくなってきているようだ。

班長ももう少し部屋数のあるところへ引越したら、ぜひ検討したいと考えている。

そしてやはり班長が一番気になっていたのが、現段階でマウスコンピューターの各シリーズでどの製品が一番人気があるのかということである。

もちろんセミナーでしっかりとこの部分も聞いてきた。

マウスコンピューターで1番人気のパソコンはどれか!?

ますデスクトップパソコンの人気ナンバー1。Luv MachinesシリーズのLm-i735X。

icon icon

Luv Machinesシリーズ Lm-i735X

icon

このデスクトップパソコンは班長も狙っている。

ノートパソコンの人気ナンバー1。LuvBook DシリーズのLB-D704S。

icon icon

LuvBook Dシリーズ LB-D704S icon

G-Tuneの人気ナンバー1。NEXTGEAR-MICRO im500BA8-SSD

icon icon

NEXTGEAR-MICRO im500BA8-SSD icon

そして、10月29日に販売され、2~3週間で完売になってしまったというLuvBook Sシリーズの「LB-S210S」。

icon icon

LuvBook Sシリーズ LB-S210S icon

このモバイルノートも現在は販売を再開している。

各機種の詳細は画像やリンクをクリックするとその機種の詳細ページに行くようになっているが、後日別記事でレビューしたいと思う。


マウスコンピューターカンファレンスのまとめ

今回マウスコンピューターのカンファレンスに参加させていただいて、班長が一番感じたのはマウスコンピューターの意気込みという部分であった。

マーケティング部、企画部、開発技術部などなど、マウスコンピューターという会社全体がよりユーザーにとって品質の優れたパソコン、ユーザーが欲しいと思うようなデザイン性や楽しさなどを追求したパソコンを求めやすい価格で提供していくという気持ちが一体となっているなとすごく感じた。

また、電源ユニットの部分など、マウスコンピューターでは弱みであった部分も真摯に受け止め、且つそれを強みに変えるために2年もの月日をかけて刷新している。

このように日々、企業努力をしている会社のパソコンであれば、ユーザーも安心して購入できると班長は感じた。

そしてこれからも進化を続けていくであろうマウスコンピューターにさらなる期待をしたいと思う。

それから、今回のマウスコンピューターカンファレンスでの班長自身の反省点として、すごく勉強になり、マウスコンピューターの良さをより理解したカンファレンスであったが、初めてであったため、どのような流れがわからず、少し勉強不足の部分があった。

なので次回開催され、また参加することができれば、より知りたいことの要点を絞り込んでスタッフの方にいろいろ聞いてみたいと思っている。

その時はまた記事として上げたいと思うので楽しみ待っていてほしい。